集団指導のデメリット

集団塾は授業についていけないとどんどん遅れる

小学校から高校までは、大抵は先生一人が多くの生徒を前にした授業が行われます。できるだけそのクラスのレベルに合わせた授業をしてくれますが、授業の内容が簡単すぎると感じる子もいますし、逆に内容が難しくてついていけないと感じる子もいます。病気などで休めば授業を受けられないので、受けられなかった授業分が分からないままになるときもあります。集団塾も先生が一人に対して多くの生徒を前にした授業を行います。学校に比べるとクラスの学力のレベルが近いので、簡単すぎたり難しすぎると感じにくくはなっています。でもレベルが高いクラスだと少しずつついていけなくなるときがあります。塾によってはクラス替えなどで対応してくれるところもあります。

集団塾では授業中の質問ができないケースが多い

勉強をしていてわからない部分が出てきたとき、そのままわかるまで前に進めないときがあります。一人で勉強しているときは、参考書などをじっくり読んだりして自分のペースで勉強ができます。しかし集団塾でわからない部分があるとき、わからなくてもどんどん授業が進んでしまいます。わからないところがあったら質問をすればよさそうですが、塾によっては授業中に生徒から質問をするのを禁止しているところがあります。質問を認めてしまうと、その日に進む範囲まで終わらせられないからかもしれません。個別指導塾はわからない部分があるときはその都度先生に確認しながら勉強ができます。集団塾は授業が終わった後であれば質問ができるので、頑張って質問しに行くと良いでしょう。

冬期講習で行われる授業は、どれも受験に即したものばかり。ほどよい緊張感の中で、受験へ向けた最終チェックを行うことができます。